海外赴任の中学校

海外赴任で子供の中学校はどうするの

海外赴任が決まったとき子供が中学校の場合高校受験の問題が出てきます。
現地で日本人学校があってもほとんどは中学まで。
高校になると日本へ帰るかそのまま現地の学校やインターナショナルスクールへ進むか分かれてきます。

 

ただ英語を学ぶには中学校のこの時期海外生活をするということはとてもいい環境になります。中学生にもなれば日本語でかなり高度な語彙が身についているため、しっかり考えて英語を学ぶことが出来ます。一方まだ考え方は柔軟なので学校にも溶け込みやすく英語も身に付きやすい時期です。

 

この時期に2年くらい英語環境にいると、発音やリスニングの面でも高い能力が身につけられるはずです。

 

実際に日本語しかできず、日本で落ちこぼれていた子が海外に来て英語に興味を持ち自分でどんどん学習するようになって、高校はインターナショナルスクールに進んだ子を知っています。

 

他にも「英語は嫌い」と言っていた海外赴任で付いてきていた子がいつの間にか英語を取得し、本帰国するときは英語が大好きになっていたケースもありました。

 

中学生ぐらいの子が海外に住んで英語を勉強する場合、東南アジアというのは良い環境なのかもしれません。
英語圏だと英語の学校になると地元校になってしまいます。中学からいきなり英語圏の地元の学校へ行くのは日本でかなりの英語力を身に着けていく必要があります。

 

中学まで日本人学校へ通いながら英語を身につけて、高校はインターナショナルスクールへという選択肢も出てきます。

 

英語圏でない国に行くと英語の学校はインターナショナルスクールになります。
東南アジアのインターナショナルスクールは日本のインターナショナルスクールより入学のハードルが低いところも多く、料金も安めです。

 

英語圏の地元校と違ってインターナショナルスクールだと英語が話せない生徒のケアもあるし、英語が完璧でなくてもそれほど後ろめたく感じることはないでしょう。

 

中学や高校はとても多感な時期なので英語が話せないプレッシャーは特に強く感じてしまうでしょう。
そのためにもいきなり英語圏でない東南アジアなどは中学生や高校生に向いていると思います。

 

ただいくら入学のハードルが低い学校があると言っても、まったく話せなくては入学することは出来ません
また入学してからの苦労を減らすためにも日本にいるときから英語学習は始めておくべきです。

 

中学校の英語学習だけでなく、もっと日常会話に基づいた英単語やフレーズを覚えることで現地で英会話をするとき役にたちます。日常の会話が出来れば自身もついて学校の授業への意欲も沸いてきます。

 

そのためにできるだけ日本で確かな教材を使って英語に触れる機会を増やしましょう
中学生ならもう大人の教材で十分です。

 

確かな教材であればどの教材を使ってもいいと思います。ただその教材に入っている単語やフレーズは全部暗記してやる!ぐらいの意気込みを持って欲しいですね。

 

確かな教材はどれ?という方には楽天やヤフーでランキング1位を取っているこちらの教材なら間違いはないのではないでしょうか。60日間の返金保証が付いているので安心してはじめられますね。

 

英会話教材【ネイティブイングリッシュ】

 

 

 

 

海外赴任 子供 英語