海外赴任の小学校

海外赴任で子供の小学校はどうするの

海外赴任が決まったとき子供が小学校の場合は将来どこの大学に行きたいのか、どこで就職したいのかを考えて学校を決めるのがいいと思います。

 

小学校からまだそんなことは分からないと思うかもしれませんが、これを決めておかないと日本人学校へ入れたけど、やはり将来英語で勉強させたいからと途中でインターナショナルスクールへ変わることになったり、逆にインターナショナルスクールへ行ったけどいずれは日本に帰るのに日本語が出来なくなってきたと悩むことになります。

 

英語だけをみると小学3,4年生以上で行くと、かなり英語の効果はあがるようです。

 

もちろんこれは現地の英語スクールやインターナショナルスクールへ通った場合で、日本人学校に通って家でも日本語オンリーの生活ではいくら海外にいても英語がペラペラ話せるようになるわけではありません。

 

しかし海外に住むという事は子供さんにとってそれだけでも日本にいるよりは英語やほかの外国語に触れるチャンスに恵まれるという事です。

 

小学校の多感な時期に外国人と触れ合うことは国際感覚を身につけるとても良いチャンスです。

 

子供時期に語学を身につけることばかりでなく、世界には違う言葉を話す人、皮膚、髪、目の色の違う人、生活習慣の違い、考え方の違いなどさまざまな人がいて、どれがいい、悪い、どれが正解、不正解ではなくお互いを尊重し合う心を育てることこそ真の国際人教育だと思います。

 

子供が将来日本で教育を受けるつもりなら、無理にインターナショナルスクールへ通う必要はなく日本人学校へ通いながらできるだけ現地の人と触れ合う機会を親が探してあげるのが良いのではないでしょうか。

 

小学生のうちなら、音楽教室、スポーツ教室、文化教室、絵画教室など現地の子供と一緒に通える教室がたくさんあると思います。

 

そういう場所へ通ううちに現地の子供との交流ができ、親同士の交流ももてて自然に言葉も覚え、異文化を経験できます。

 

海外赴任で行くと親が英語がわかならいからと日本語でできる教室ばかり探してしまい、どうしても日本人ばかり集まってしまいます。ここは親の頑張りどころですね。

 

また逆に日本人小学校のない地域で、インターナショナルスクールや現地校に入れないといけない場合は家で日本語のケアが必要になります。

 

小学校など義務教育でしたら、日本政府から日本語教科書の無料配布が受けられますのでそれを使って家庭で親が日本語教育を続ける必要が出てきます。

 

小学校でインターナショナルスクールや、現地校しかない場合、日本にいるときから英語を始めておかないと、現地についてすぐ英語の授業に戸惑うでしょう。

 

勉強はできるのに、言葉のハンディで授業に遅れてしまうということになりかねません。

 

海外赴任で日本人学校のない国や地域に行く可能性がある場合は早めに日本で英語に触れておくよう心がけたほうがいいですね。

 

 

 

 

海外赴任 子供 英語