【海外生活】英語での暮らし記事一覧

海外赴任で子供に英語教育を受けさせたいけど日本語も心配という方が多いですね。海外赴任の任期にもよると思いますが、2,3年で本帰国になる可能性が高く、日本人学校がある地域なら無理にインターナショナル校や現地校に入れる必要はないと思います。子供が就学前であれば、現地の言葉や国際感覚を身につけさせるためにも現地の学校をおすすめしますが、義務教育中は本帰国のことを考えて日本人学校へ入れたほうが無難な気がし...

海外赴任が決まったとき子供が小学校へ上がるまえの年齢だったら、迷わず現地の保育園や幼稚園へ入れることをおすすめします。大きな都市になると日本語の保育園や幼稚園があるところもあるようですが、この時期は言葉を体で吸収していく言語の黄金期です。その時に英語を聞かせる環境ができたのですから、それをぜひ生かしてください!人間の耳で聞き取りができる周波数が決まるのは12歳ごろまでで、その後は聞きなれない音を聞...

海外赴任が決まったとき子供が小学校の場合は将来どこの大学に行きたいのか、どこで就職したいのかを考えて学校を決めるのがいいと思います。小学校からまだそんなことは分からないと思うかもしれませんが、これを決めておかないと日本人学校へ入れたけど、やはり将来英語で勉強させたいからと途中でインターナショナルスクールへ変わることになったり、逆にインターナショナルスクールへ行ったけどいずれは日本に帰るのに日本語が...

子供英会話はいつから始めるか子供英会話を習わせたいでもいつからはじめたらいいの?子供英会話をいつからはじめるか。子供英会話は日本語をしっかり覚えてから?それでは遅すぎます!子供英会話は絶対早い方がいいです(きっぱり)!どうしてそんなことが言い切れるのか。それはうちの子が海外で多言語で育っているからです。小さいころからたくさんの言葉を聞いて育ちました。でもそれで言葉がおかしくなったとか第一言語ができ...

海外赴任が決まったとき子供が中学校の場合高校受験の問題が出てきます。現地で日本人学校があってもほとんどは中学まで。高校になると日本へ帰るかそのまま現地の学校やインターナショナルスクールへ進むか分かれてきます。ただ英語を学ぶには中学校のこの時期海外生活をするということはとてもいい環境になります。中学生にもなれば日本語でかなり高度な語彙が身についているため、しっかり考えて英語を学ぶことが出来ます。一方...