海外赴任の子供の英語学習

海外赴任で英語を習ってよかったと子供が思える英語学習にする

 

海外赴任 子供の英語学習 

 

海外赴任に行って子供が英語が習える環境になったとき大切な事があります。

 

それは小さい頃英語を習っていてよかったと子供が思えるような英語学習にするために「なぜ学ぶのかという動機づけ」と「目標を常に持ちながら学習に臨める環境作り」にあると思います。

 

日本でも英語学習が小学校で義務づけられるようになり、学校以外でも将来の子供のためにと英会話スクールや家での家庭学習を積極的に取り入れるご家庭が増えました。

 

まして幼稚園や小学校の時に海外で英語に触れるチャンスがあるのはとても恵まれいるといえます。

 

しかし中学、高校にあがるにつれ子供が英語が苦手になり何のためにあれだけ勉強をさせたんだと嘆いている親御さんも多いと聞きます。子供にとっても小さい頃習っていた英語は遊びみたいで役に立たなかったと感じている人が多いそうです。こうならないために必要なことは英語学習を始める前に子供に「なぜ小さな頃から英語をするのか」についてきちんと話してあげることだと思います。

 

日本人だから日本語が話せればいいとか受験英語ができればいいとの理由で英会話を軽視することのないようなぜ英会話を小さい頃からするのかを分かりやすく説明してあげましょう。

 

 7+BILINGUAL【七田式】公式サイトはこちら

 

〜海外赴任前に少しでも英語が話せるようにするための短期子供英語教材はこちら〜

 

 

子供が小さい頃から英会話を習った方がよい理由

 

@中学生くらいの年齢になるとネイティブの自然な発音は難しい。
A同様にリスニングやスピーキングが苦手な人が多い。

 

この問題を解決するために小さい頃から英会話の勉強をするんだよ、海外で英語に触れられるのはすごくいいチャンスなんだよと話してあげましょう。動機づけは子供が理解できるようにしっかり時間をかけてしましょう。

 

次に大切なことは子供のやる気を引き出し学習意欲を継続させるためにはっきりとした目に見える目標作りをしてあげることです。ただ漠然と学習するのではなく目標を立て達成するために頑張るというメリハリをつけた学習が子供のやる気を継続します。

 

海外生活する中で現地の友達を作るのもいいでしょうし、レストランなどで自分で注文できるようになったらそれもすごい自信になるでしょう。

 

そして目に見える目標作りとしておすすめなのが児童英検です。児童英検は合否ではなく結果は正答率で出ます。全てリスニング問題ですので英単語のつづりが書けなくても音声を聞き取り、イラストをよく見ることで正答率をあげることができます。

 

また問題はオールカラーでイラストが書かれています。イラストをしっかり見ながら答えを探すことができます。ぜひ子供のやる気維持のため定期的に児童英検を受けさせたいものです。

 

子供の成長にあわせブロンズ、シルバー、ゴールドとグレードが上がっていきます。ここで少し気になるのが実用英検と児童英検の違いです。

 

一言で違いを言うと実用英検は語彙や読解、リスニング対策が必要なのに対し児童英検はリスニングのみで問題が解けることです。また実用英検は合否判定です。もしも実用英検を受けるのであれば専用の問題集や過去問を使いかなり長い時間をかけて勉強させなければなりません。どちらを受けるかは子供さんとよく話し合って決めるのがベストだと思います。

 

海外に行くと英語の意識が高くなります。
そのチャンスを逃さず資格を取ってさらに英語への興味を持たせるのは将来日本に帰ってきてからも英語を続けるよい原動力となると思います。

 

海外赴任出発前に英語を話す抵抗感をなくすなら子ども専用オンライン英会話

 

無料レッスン申し込み: 子供のためのオンライン英会話 GLOBAL CROWN
無料レッスン申し込み:  LEARNie
無料レッスン申し込み: リップルキッズパーク