子供英語で単語

子供英語で単語 MeとYouのどちらを先に覚える?

まず子供はYesとNoどちらを先に覚えるのでしょうか?
その記事はこちら=> 子供英語で単語 とYesとNoのどちらを先に覚える?

 

     子供英語 単語

 

では子供英語でMeとYouどちらを先に覚えるのか?

 

子供は毎日たくさんの言葉を覚えていきますが、同時に覚えることはなく、一つずつ覚えていきます。
知らない言葉に毎日遭遇するわけですが、知らないがゆえに子供の話す言葉には多くの間違いが含まれます。この間違いは知らない言葉を、知っている言葉で表すということから発生していることが大変に多いです。

 

子供は言葉はたくさん知らないけど言いたいことはたくさんあるのです。

 

例えば子供がイヌに噛まれて泣いていたとします。
そこでお母さんが泣いている自分の子供に対して、
「The dog bit you」(犬かあなたを噛んだのね)と言ったとして子供は、meという単語を知らなかったとします。
でも子供は犬が私を噛んだというために、「Dog bit you」と答えることがあるのです。

 

母親が自分のことをyouと呼んだのを聞いて、子供は自分自身のことをyouと表現しているのです。

 

つまり、この文でのyouは子供にとっては「私」つまり「me」です。
meという単語を知らないため、meをyouで代用しているのです。

 

このように知らない単語があっても、子供は知っている単語で表現する能力を持っています。
これを是非活用して英会話のレッスンに活用すると英会話の上達速度は格段に早くなります。

 

ただし、日本語がある程度上達してしまっている状態ではこの方法はあまり有効ではありません。
なぜなら、子供の頭の中で「犬が私を噛んだ」と作文してしまい、「私を」って英語でなんて言えばいいんだろうという思考が働いてしまうからです。

 

初期段階では子供は周囲の大人が話す言葉を真似することで言葉を覚えていくのですが、徐々に思考力が発達するにつれて、真似から独自の言葉へと変化していきます。

 

ですから、子供が真似をして言葉を覚えている時期に、オンライン英会話などを受けさせて英語を習わせると効果が高いのです。

 

子供のためのオンライン英会話 GLOBAL CROW

 

〜子供専用のオンライン英会話スクールなので安心〜

 

動物園に子供を連れていって、檻に入った猿を子供が見ていたら猿に顔を引っかかれてしまったら、子供はなんと表現するでしょうか?

 

引っかかれるという英語を知らなかったら、きっと、「The monkey tease me」などと言うはずです。
文法的には少しおかしいですが、これで十分に英語として通じます。

 

このように子供が自分の知っている言葉を使って話し始めたら、間違いを指摘しすぎないようにすることです。あまり過度に間違いをしてきすると、1番大事な自信というものを失ってしまうからです。

 

子供に英会話レッスンを受けさせるにあたって留意すべきポイントは、そのレッスンは子供に自信をあたえるようなレッスンの仕方をとっているかという点です。

 

特に幼児期のレッスンでは褒めることがとても大事です。
おだてると言っても良いかもしれません。

 

褒めることで、子供はさらにやる気を出して学習に取り組むようになります。

 

さらに年齢が上がっていくにつれて、過度に褒めたり、おだてたりすることは子供の成長にマイナスになることもあります。

 

褒めることが学習に効果的に作用する時期を逃さないことがポイントです。

 

特に幼稚園入園前の子供には積極的に褒めてあげることが大事なので、英会話の講師を選ぶ際の基準として、褒め方が上手い人もその条件として第一にあげられます。

 

日本人の講師だと、英語で褒めるときに、goodとか、greatだとか、goodjobとかありきたりの表現を無表情で言ってしまうことがありますが、英語での褒め方のバリエーションはとても豊富です。

 

また褒める時の表情やジェスチャーも子供には大きな印象を与えるものです。
褒め方が上手い講師がたくさん揃えているレッスンを選びましょう。

 

 

子供のためのオンライン英会話 GLOBAL CROW

 

〜子供専用のオンライン英会話スクールなので安心〜

 

 7+BILINGUAL【七田式】公式サイトはこちら

 

〜自宅で子供に綺麗な英語を聞かせたいならこちらの子供英語教材がおすすめ〜

 

7+BILINGUAL【七田式】をおすすめする理由はこちら=>
オンライン英会話をおすすめする理由はこちら=>