子供英会話で必要なこと

子供英会話で必要な能力を最大限に引き出す英語教育とは

海外赴任 子供 英語

 

「自発的に物事を考え自ら発信する子供」

 

「物事を与えられてばかりで自ら発信しない子供」

 

この間には大きな差が生まれます。

 

自発的に物事を考える子供の脳はいつも何かを産み出そうと活性化しているのに対し自ら何かを考えようとしない子供の脳はあまり動いておらず自分から何かを発信するのがとても難しい状態にあります。

 

学校や家での教育の仕方が大いに関係していると思われます。

 

 

今の子供たちが成長し社会で働くようになる頃には日本は今よりもっと英語圏の人々とコミュニケーションを取りながら仕事をする状況になっていると思います。

 

国際化がどんどん進んでいます。堂々と臆することなく英語を使って自分の意見を伝えることのできる大人へと成長して欲しいですよね。

 

そのために私たち親がどのような英語教育ができるかについて考えました。

 

子供英会話に必要なのは自発的に物事を考え自ら発信する子供を育てる家での英語教育

 

日本人はスピーキングが苦手だと言われています。

 

その1番の原因は英語の学習において自分の言いたいことを頭でまとめて英語で表現する訓練がされていないためです。

 

子供さんに家で英語を教えるときは常に自分で考えて何かを生み出すような学習を取り入れて欲しいと思います。

 

例えば家で英会話を話す時間を作りましょう。テキストも何もないので子供は知っている英単語を使って身ぶり手振りでなんとか言いたいことを伝えようとします。この試行錯誤しながら何かを生み出そうとする力が脳の活性化につながるのです。

 

テキストも何もない状況で英会話をする時間は子供にとって将来国際社会で生きていく時にとても大切なスキルを与えてくれます。1日に10分でよいのでこのような時間を作ってもらえたらと思います。

 

この即興で英会話をする時間とは別にインプットを十分に取り入れる学習も行って欲しいと思います。

 

それはきちんとした子供英語教材を使った英文法に基づく英会話です。

 

英文法を学ぶことできれいな文法を使った英会話ができるようになります。簡単な英文法を使った簡単な例文を1つ1つ丁寧に覚えていくことで子供の中には英会話で使える文のストックがどんどん増えていくことになります。

 

この2つの全く異なるスピーキングの学習を自宅学習の中で行うことで子供さんは将来、日本人が抱える英会話コンプレックスに悩まされることはなくなると思います。

 

自分で言いたいことを英語で伝えることのできる大人へと成長するはずです。

 

また日本語でも何かのテーマについて自分の意見をまとめさせる時間を作って欲しいと思います。自分で考えて自分で生み出す力が英会話をする時にも力を発揮するのです。

 

いかがでしたか?

 

自分の意見をしっかり英語で言える大人へと成長してもらうために親御さんが今できることを今しっかりと教えていきましょう。