幼児の英語学習

幼児期における英語学習で力を入れたいこと

 

幼児 英語学習 

英語には4つのスキルがあります。

・リスニング(聞く力)
・スピーキング(話す力)
・ライティング(書く力)
・リーディング(読む力)

 

中学、高校における英語教育は受験対策に力を入れていてライティングとリーディングが重視されています。年齢が上がるにつれこの2つは得意になると言われています。

 

しかし読み書き中心の教育法であることから日本人はリスニングやスピーキングといった英語を使って相手とコミュニケーションをする力が不足していると言われています。

 

このリスニングとスピーキングは年齢が下がれば下がるほど吸収力が高いと言われています

 

書く力、読む力も大切ですが幼児の頃は聞く力、発する力がみるみる身についていく黄金期ですのでぜひともこのチャンスタイムは逃さずに2つの力を伸ばすような英語教育に力を入れてあげましょう。

 

 7+BILINGUAL【七田式】公式サイト

家庭で出来る子供英会話教材ならこの七田式がおすすめです。

 

自宅で普段から英会話に触れる環境を作ってあげましょう。

 

家でできるリスニングとスピーキングの英語学習法についてお話したいと思います。

 

 

幼児期にリスニングの力を伸ばす英語学習法

 

CDつきの英語の絵本を一緒に楽しんで聞いてみましょう。絵本はゆっくり大きな声で読まれているので繰り返し聞くことで子供はだんだん音声をまねて発音するようになります。

 

また英語には特有の抑揚やリズムがあるのですがCDで英会話を聞くことによりそれらを自然に体得できるようになるのです。

 

内容を知っている絵本を選べばさらに子供は興味を持ってくれるでしょう。絵本の他には子供が選んだDVDを字幕でみるのもおすすめです。子供が好きなものを使ってリスニングの力を伸ばしてあげましょう。

 

幼児のスピーキングの力を伸ばす勉強法

 

簡単な例文を覚えて言葉に出すことがおすすめです。簡単な例文を1つ1つ覚えていくことでだんだん英会話の表現が広がっていきます。まず家庭内で挨拶など簡単なやり取りから始めましょう。
家庭内で使うおすすめの会話表現を紹介します。

 

・It's time to wake up. OK
もう起きる時間だよ はーい

 

・Let's wash your hands before eating lunch.
お昼ご飯を食べる前には手を洗おうね。

 

・Let's get dressed.
着替えようね。

 

・Are you ready? Yes.
準備はできた? はーい

 

・What do you want to eat for dinner?
夕飯何が食べたい?

 

I want to eat curry and rice.
カレーライスが食べたい

 

日常生活の中で簡単な英会話を取り入れることで子供さんのリスニングやスピーキングの力は驚くほど伸びます。

 

1〜2歳くらいの子供は教育番組の躍りつきの歌が大好きですよね。毎日見ていることで親が教えたわけでもないのにふりつけが自然にできるようになっています。

 

子供にはまねる力があるのですね。

 

毎日英会話に触れることで子供は英会話をまねることから始まり、自分の言いたいことを英会話で伝えられるようになるのだと思います。