子供の英語脳

子供の英語脳の鍛え方・シャドーイングで耳と口を鍛えよう!

英語脳 子供 

 

筆記テストはできるけどリスニングやスピーキングが苦手で発音がうまくできない。

 

こう感じている学生や大人がとても多いのは小さい頃の英語学習の仕方が大いに関係していると思います。

 

 

今でこそ中学生になる前の幼児期や小学生時代における英語教育の大切さが語られていますが一昔前には英語は中学生になってからが当たり前の時代でした。

 

 

また小学校で特別に英語の授業が組まれてもほとんど遊びで役に立たなかったと答える人が多いのはとても残念です。

 

 

日本の中学校や高校は受験や模擬テストを意識した受験英語に力を入れるあまりリスニングやスピーキングの力がつかないまま大人になってしまった人が増えてしまいました。

 

 

ネイティブの自然な発音をどうにかまねてみようと頭で考えるようになってからの発音の習得はとても難しいです。

 

 

しかし幼ければ幼いほどネイティブの自然な発音を身につけるのは驚くほど簡単でしかも早いです。

 

後で後悔しないために中学生になる前にぜひとも子供にはネイティブの自然な発音を身につけてほしいものです。

 

 

そのためにできる家でのリスニング力やスピーキング力、自然な発音を身につけるための学習方法を紹介したいと思います。

 

7+BILINGUAL【七田式】公式サイト

家庭で出来る子供英会話教材ならこの七田式がおすすめです。

 

 

みるみるネイティブの発音がみにつくシャドーイングで英語脳

 

シャドーイングとはネイティブの英会話の後に続いてまねて英語を話すことです。

 

 

ほどよい長さでCDをとめネイティブの後に続きます。

 

耳や口に意識を集中させることで子供さんのリスニングやスピーキングの力の成長を促します。

 

 

また独特の英会話の抑揚やリズム、自然な発音を身につけることもできるようになります。

 

ネイティブの発音をシャワーのように浴びることが大切です。

 

使う教材は音声のついた簡単な童話や物語、中学1年生の教科書のCDがおすすめです。

 

子供さんが知っているお話を使うのもおすすめです。

 

 

シャドーイングのやり方

 

英文を見ずに流れてきた音声の後に続いて聞こえてきた英語をなんとなくでよいので子供に口に出してもらいます。

 

意味は分からなくても聞こえたままを英語で話してもらいます。 

 

 

英語を英語のまま理解する力をつけるとも言われています。

 

1ページなど区切りのよいところで流れた音声を文字に起こしたテキストを一緒にみて意味や発音などを子供と確認しましょう。

 

 

この英単語は今まで○○○と発音してたんだけどCDでは△△△と聞こえたねと子供さんと話し合いましょう。

 

日本の発音と英語の発音の違いを知ることがリスニング力の向上につながります。

 

いかがでしたか?

 

日本人が苦手とするリスニングやスピーキング、発音問題を克服するためには小さい頃から家でネイティブの発音に慣れさせることが大変効果があると思います。

 

 

毎日15分でいいのでシャドーイングを集中して学習することで子供さんの能力は驚くほど伸びます。

 

短時間集中して、かつ継続して行うのがポイントです。

 

ぜひ家での学習に取り入れてください。

 

 

英語教材に入っているCDを何度も何度も子供と一緒に聞いてそれを繰り返す。

 

これこそ現在の日本に必要な英語のシャワーだと思います。