英語耳は周波数

子供の英語耳は英語の周波数に耳を慣れさせる

 

英語耳 周波数 

 

大人になって英語が聞き取れないのは英語耳ができていないからです。

 

英語耳ができないため英語が聞き取れない原因はいくつかあります。聞き取れないレベルをいくつかに分類してみると、

 

1.個々の単語はすべて聞き取れても全体として意味がわからない。
2.個々の単語の発音自体がすべて聞き取れない。よって文全体の意味がわからない。
3.すべての単語が聞き取れても、文として全体の意味が把握できない。
4.部分的に聞き取れる単語があるが、全部は聞き取れない。したがって何を言っているのか推測がつかない。

 

わからなかった文を文字に起こしてみてすんなりと理解できたのなら、問題は音が聞けていないということになります。

 

読んでみると、なんだこんな簡単なことなのか!と思えるレベルの英語が聞き取れないのはなぜでしょうか?

 

それは、英語耳ができていないので英語の音に耳が反応しないからです。

 

英語の音に耳が反応しない。つまり、耳に入って来ていても音として認識されない。この状態はとても深刻です。いくら単語を覚えても、文法を覚えても、熟語を覚えても、いざ音だけで言われてしまうと理解できないからです。

 

英語で話しかけられて、聞き取れないから紙に書いてくださいとは言えません。それでは円滑に会話が進まなくなってしまい、会話が途切れてしまいます。

 

知っていても聞き取れない原因は英語の音の周波数と日本語の周波数に大きなズレがあるからです。

 

通常の日本語の発音には含まれない高い周波数の音が、英会話の発音には含まれているのです。

 

ほんの少し発音を聞いただけで、日本人が話している英語なのか、ネイティヴが話している英語なのかが判別できるのはこの周波数の問題がとても大きいのです。

 

日本語の発音に使われる周波数は低いため、高い周波数域の音を本能的にカットして言葉を聞く習慣がついてしまっているのです。

 

特に中学生ぐらいから英会話をはじめた人の場合はその傾向が強いです。

 

逆に、幼児期から英会話をはじめた人は、日本語の音には含まれない高い周波数の音も聞き取るのです。
この差はとても大きなもので、どんなに大人になってから努力しても埋めることができません。

 

大人になってから出来ることは、単語をたくさん覚えるくらいのことです。
幼児期、つまり0歳から4歳くらいの時期に、英語の音に対する本能的な反応をトレーニングしておくことが絶対に必要なのです。

 

具体的にはどんなトレーニングがよいかと言っても、なかなか思いつかないと思います。その時に役立つのがSkypeなどを使ったネットでのオンライン英会話です。

 

子供の生活環境の中に常に英語が飛び交っているという状況は、日本国内では現実化しづらいです。かと言って幼児を海外ホームステイさせることも現実的ではありません。

 

したがって、オンライン英会話がもっとも現実的な選択肢として考えられます。
この幼児期にオンライン英会話を利用して英語耳が作られている子供は、文字を習得してからの英語力の上達がとても早いです。

 

耳から入ってくる情報量が、英語耳を持っていない人達の何倍も多いからです。

 

オンライン英会話は、手軽な料金で経験豊富な講師のレッスンを家庭にいながら受けられるため、通学の時間がかからない点もメリットです。

 

オンライン英会話を使って幼少期から本格的な英語のレッスンを受けることは、子供にとっても大きな効果がありますし、親にとっても大きな発見があるはずです。

 

子供がレッスンを受けているのを見たり聞いたりするうちに、親も英語力がついていくのです。
何年間か継続すれば子供と英語で会話できるようになります。

 

そうなればもう英語学習に関しては何の心配もありません。学習が成功の軌道にのったからです。

 

 

海外赴任出発前や帰国してから日本で英語を話す機会を作るなら子ども専用オンライン英会話

 

無料レッスン申し込み: 子供のためのオンライン英会話 GLOBAL CROWN
無料レッスン申し込み:  LEARNie
無料レッスン申し込み: リップルキッズパーク

 

 

海外赴任 子供 英語